calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ビンタン島、親子でアーチェリー&サッカー、水球


新年のビンタン島旅行、続きです。

今日は親子での時間の話に。

アーチェリーは初体験でした。

オリンピックでみていた息子は、アーチェリーが気になっていた様子。
晴れて体験できることに。

レジャー用なので、競技用の重いのではありません。



矢の入れ方、引き方、うち方を習って、いざ。



近くの女の子に教えてもらっていました。



一人でも。

奥にいるのはママ。



私も。

アーチェリーは、脳とスポーツの話をしていた時に、IMSIのスタッフのフミちゃんから聞いて、興味をもっていたのですが面白いですね。

効き目と聞き手が同じ人の方が優位なスポーツかな?

右利きで左目優位な人は、うちにくいだろうなー。

息子がそう。顔を横に向けずに、自然に正面を向いていましたから。

父もそうだったので、父も左目優位かな?

追加で、ブレインジム体験の話を少し。

教本の中に「書くためのプログラム」というのがあるのですが、
その適応に、「アーチェリーなどの細かく手を使うスポーツ」という言葉が入っています。

それを思い出して、その場で、ちょこっとエクササイズを。

「おおおーきたー!!!」

3本中、2本が、真ん中に黄色の枠に当たりました!

こんなことにも役立つのか?スポーツとの関係も見逃せませんね。




たくさん、アーチェリー場だけでなく、ホテルのお部屋でもたくさん、見かけたお猿さん。



息子は、アーチェリーでもらったメダルをずっと首にかけていましたよ!



夕方はサッカーを。

裸チームと、洋服を着ているチームに分かれて芝生の上で裸足サッカー。

ママは見学予定でしたが、2日目にサマードレスで急遽参加することに(笑)。

ふかふかの芝生に驚きました。

全然痛くない!こんな芝初めて!!!

しかし、走るのはすごく大変。

1時間でどっぷり汗をかきました。

未熟なプレーも、長いスカートのおかげで、見事にボールがトラップ、

ひっかかっているだけなんだけれど、、、ははは!

↓ こんな適当なスカートでトライ(笑)




一緒に参加した方に、「お母さん、よく頑張ってましたね!」と、ガッツをたたえて頂きました。

体育会!やる気だけは、あるのです。





水球も大人たちに交じって挑戦。



つい、ママが本気になって、息子をおいて、ほったらかしになることも。
近くの人が、浮き輪にぶらさがっている息子を見ていてくれました。



たっぷり食べて、遊んで、リラックスして、インドネシアの楽しい休日。
思いっきりリフレッシュしました!

今年は、イギリス留学時代の友人家族がインドネシアに移住予定。

ブレインジムの国際カンファレンス2013もインドネシアのバリ島。

また、行きたい国になりました。

クラブメッドも、子連れにとっても面白い場所。
楽しかった―!


自然療法の国際総合学院 IMSI

TOUCH FOR WORLD International Week

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
1月は定員となりました。次回は3月です!
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html


ビンタン島、インドネシアのスパ体験

さて、今日は朝から冨野先生とIFPAのテキストについて会議。

案を出し合っています。

今日のランチタイムは、

冨野先生と富田さんは、新年会で帝国ホテルへ、

根本さんと桂子先生と、森さんは、ランチにでかけました!

私は、一人、事務で電話対応と作業を。
事務所が広く感じますねー。


・・・・・さて、昨日のブログは

子供のミニクラブの話を。

続編で、ママの時間についてです。

ミニクラブに息子が入った時間を利用して尽かさず、ママはスパを予約。



ターメリックのスクラブとヨーグルトパック。
ローカルのマッサージとフラワーバスという
インドネシアっぽいメニューを選びました。

トロピカルという名前のついたメニューだったかな?

スパの入り口。



受付にはトロピカルなオイルが置かれています。





お部屋に移動。



緑の中を歩くと気持ちがいい。



お部屋は、前面に海があって、

セラピー中、ずっと波の音が聞こえていました。

ディープティシューも組み合わされ、とても気持ちのよい「手」!



最後にフラワーバス。

私は、フラワーバスよりもバスよりも、そとに見える海、そして、波の音、
目に入る景色に、とても気分がよくなりました。

外気も肌で感じ、五感がとても刺激されるいい時間を。

リラックスですね。





近くにあった緑の葉が、とても「水」を感じ、気に入りました。
写真を一枚。



初日から思っていましたが、真冬の日本では草木が乾燥しているので、
この地、東南アジアで植物をみると、どれも「湿」と「うるおい」を感じます。



セラピーが終わって、リラックスルームへ移動。














海と木を見ながら、スパイスティーを頂くこと
セラピーと合わせて3時間ぐらい。

ゆっくりと時間が過ごせました。



歩いて2、3分のビーチに立ち寄り。



瞑想&イメージワークをしました。



目を空けたら鳥が空に。

仕事環境ではチャレンジを迎える年でしたが、
人生のヒントが浮かびました。



その日は軽めのランチを。

2種類の野菜スープと、ドラゴンフルーツ。

日頃は、なかなか、とれない時間。

最高!

うん!自分だけの時間を大切にしよう!
うん!意気込みを強化して、エンディング(笑)

続きは、親子に戻ります。

アクティビティ、アーチェリーのお話を!

自然療法の国際総合学院 IMSI

TOUCH FOR WORLD International Week

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
1月は定員となりました。次回は3月です!
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html

インドネシア・ビンタン島で子供たちの体験プログラム

新年に親子ででかけたインドネシア、ビンタン島
 
続きです。

クラブメッド、満喫しました。

そのひとつが子供向けのサービス。ムフフ。

ミニクラブと呼ばれ
毎日違うテーマでプログラムが構成されています。

1時間ごとに違うメニューで、
朝の8:30~夜の20:45までやっています。
楽しくて親切なGOさんの指導も入って

全て、無料。

ずっと子供たちを預けていていもいいし、
気に入ったプログラムだけ、例えば1,2時間だけ参加することも可能。

サッカー、テニス、アーチェリー、スイミング、
綱渡り、空中ブランコ、などのスポーツ
だけでなく、

砂浜で凧揚げやゲーム。
お料理教室、ダンスや、世界の言語で挨拶しよう!みたいな時間もありました。

息子は、

「いやだなー。ママと一緒がいい!英語とか、しゃべんなきゃいけないんでしょ。つまんないよー」

と言っていましたが、

ホテルで一緒にサッカーをした、お兄ちゃんのお友達と、そのお父さんに声をかけてもらって、じわりじわりと気が変わったらしく、、、

「まー。行ってみるか、、、」となったよう。

入り口。



この奥にお部屋があります。



サッカーをしたり、



綱渡りもしたみたいですよ。

最後のイベントはメインガーデンに出ていたので、見ることができました。



GOのお姉さんと、宝探しみたいなことを。



手をつないでリードしてくれたお兄ちゃんのおかげ?

一番最初にゴールしたみたいでした。





↑ アメイジングレース。日本人チームと書いてあります。

夕方、ご飯前に、お友達のお兄ちゃんと海へ。

波とびをしました。



砂の上を走るのはいいですね。

足の裏の刺激も、貴重。

新しい神経回路の開発になりますね!!

波ジャンプは、目と脚の協調プログラム、、、

単なる遊びも、脳開発的にみると、ちゃんと意味があるので、
ママも一緒にやりたいし、子供にもさりげなく、誘います(笑)

楽しいので、ちゃんと、のってくれます!



近くにいた外人の親子に教えてもらって、イグアナにも出会いました!



夜は20時から子供のための劇場タイム。



お昼にならったダンスを。

他国の派手な踊りに、かなり刺激を受けているようでした。
顔が真剣そのものでしたから、、、、ははは。



長い一日に。

参加しているときの表情は超まじめな雰囲気、言葉も少なく、笑顔があまりなかったのですが、
その夜から一人で踊りまくったり、英語を使ってみたり、いろんな話を楽しそうに教えてくれました。

家に帰った今も、派手に続いています。

話が変わりますが、ママのお仕事話。

ブレインジムのコースでは、

成長における「統合」時間は個性がある。

学習過程における「統合されていない状態」、「統合されている状態」という話題から、能力の引き出し方を学びます。

子供を眺めていると、その実例が目にあたります。

興味深いことばかり。

子供を観察することは、ママにとって、最も実践的な学びの場になりますね。

育児の勉強!今回の旅では、よーく、いろいろな発見をしましたよ!
ママにとっても楽しく学べて貴重な時間になりました!



最後は、GOのお姉さんに声をかけてもらって一緒にランチをした時のお写真を。

ママと一緒の時はピザやパスタばっかり取っていたのに、
GOの先生と一緒の時は、野菜をいっぱい取っていた(笑)。

写真のインドネシアのスープ美味しかった。。名前は忘れたけれど、、、

続きは、ママの時間です。

自然療法の国際総合学院 IMSI

TOUCH FOR WORLD International Week

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
1月は定員となりました。次回は3月です!
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html


南の島に行ってきました。インドネシア、ビンタン島

新年は、子連れで南の島へ。

羽田の夜便を使ってシンガポール経由で
インドネシアのビンタン島に到着。

雨季でしたが、日中はずっと晴れか曇りでお天気にも恵まれて
とても楽しく、充実した休日を過ごしました!



真冬の東京から30度近く熱帯地方へ。
あつい、あつい、プールに飛び込みたい気分になるのは、親子そろって同じ。





水深が1.7mもあったので、浮き輪を腕にはめて、楽しみました。



プ―ルの真ん中で、出会う遊びや。。。
トンネルくぐり、いろいろと動きます。



ブールをしたら、お腹がすきますね。



東南アジアの香りたっぷりの、シーフードカレー。



ビュッフェは日、中、韓、ローカルフードはたいてい毎日種類をかえて並んでいますが、
その他にも、サラダや、野菜、洋風の料理もズラリズラリ。

写真は中華。しろきくらげとなつめのスープ。

デザートも毎回違うので、つい食べ過ぎてしまいます。



砂浜遊び。



バーでドリンクをもらって、リラックスタイム。



息子はマンゴージュース、グアバジュースを何回も!!!。
ママはフレッシュのスイカジュースや時にビールも!!



今回の旅は、アクティブな遊びが大好きな「おばあちゃん」のオススメで決行。

ママも一か所滞在型の旅は、あまりしたことがなかったので、どうかな?
と思っていたのですが、想像をはるかに超える体験ができました!

子供をあづかってくれるミニクラブや、
ママのスパ体験も含めて、満喫!
2−3回に分けて紹介しますね。

続く、、、。


越後湯沢 エンゼルグランディア 子連れスキー

息子の誕生日にと、
ママ、そしておじいちゃん、おばあちゃんという3世代で、子連れスキーです。

越後湯沢に行ってきました。

エンゼルグランディア越後中里
http://www.angel-g.co.jp/

ママさんは、スキーをするのは、15年ぶりかな?

まずは、太古のウエアを実家から探し、もってきました。
それ以外はすべてレンタル。息子は全てレンタル。
レンタルはホテルのとなりにあるので便利。



大雪の天気予報のなのに、運よく、晴れていました。



最初は、ソリがいいというので、ソリで遊び。(無料レンタルがあります)

それから、ちょっとスキーはいてみることに。

それから、適当に歩いたら、斜面で、スーと滑りだし、
息子は、気持ちよかったようです。

スクールは嫌だと、30回は言っていましたが、
突然、「スクール、してもいいけど、、、」
と言いだしました。

スキースクールにトライ!





ボーゲンポーズを習っていました。
ママは、その間にリフトに乗って少しだけスキーを。

初日はこの後、息子のリクエストでプールへ。

それから温泉につかって、その後、夕食を。
その後、また、温泉に。

大好きなおじいちゃん、おばあんちゃんと1日遊んで興奮気味か?
なかなか眠りませんでした。

翌日は、大雪。

前方が見えない。。。

しかし、せっかく来たのだし、スキーを。

というお客さんは、私たちだけではないようです。




おじいちゃんに見守られて、再びシュー。
おじいちゃんは、北海道育ちだから、ママさんと違ってスキーは上手。
よく遊んでくれました。





大変だったのは、この作業。

息子は滑りたいけれど、カニはまだできない。ということで、ママが、引っ張って上がります。

大雪なのに、大汗かいた。。。

この後はソリをしたので、凄ーく寒かったです。。。

でも、楽しそうな、息子の姿をみて、嬉しかったですよ!

さて、ママは結局2日リフト券かったが3回しか使わず、
2日目は、ストックと板は使わなった。。。。
こんなものかな?



帰りの新幹線を待つ、越後湯沢の駅。

お土産いっぱいあります!



そして、やっぱり食べなきゃ。

へぎそば

そして、スキー場で汗だくになったママは



駅にある、温泉につかりました。

・・・・・

新幹線で行けて、東京から近くて便利、駅から送迎付き、
子連れ大歓迎、JR新幹線プランで格安!

という、スキー初心者にも、とっても参加しやすい場所。

一つホテル情報あるとしたら、
チェックイン15時、アウト10時、それ以前以後は、ホテルで荷物をあづかってもらえず、
コインロッカーに入れる仕組み。500円一回なので、
荷物を出したい時に毎回500円がかかる。

ははは、私は、手袋の右と右をもって出てきてしまったために、開け直し。
ちょっと、500円おしくなりましたよ!(笑)

また、巨大なバック、特に高さがあるような荷物はロッカーには入らず。
私はMサイズのスーツケースは入ります。

それにしても、本当に雪が深い。
東京都別世界、越後湯沢。

楽しかったです。

おじいちゃん、おばあちゃんにも深い感謝。

今日からは、もうひとりのおばあちゃんが熊本から、息子のお誕生日で上京します!

息子は、みんなに祝ってもらって、ますます、元気になりそうです。



IMSI2012年、春の求人案内、スタッフ募集です。詳細はこちら
http://www.imsi.co.jp/aboutus/job_opportunity/imsi_job.html

オーストラリアと自然療法 滞在記 2011秋

米国認定 ブレインジム 体験・入門

好奇心脳をもつ子供に育てよう!
ベビーケアコース


奈良県 信貴山の宿坊へ

過日でかけた、奈良県信貴山と、信貴山の中にある宿坊の
写真を少しご紹介。

信貴山は大阪駅からも40分くらいでいける距離です。

以前、高野山の宿坊に行った夫が、空気・景色・雰囲気・体験共に良かったということで、この夏の子連れ旅行は宿坊に決まりました。

私は、翌日仕事があったので少し迷ったりもしましたが、1泊だけでも、日本のお寺行きたいな、と一緒に行くことにしました。

途中大阪で、お好み焼きを食べ、




ねぎ焼きを! 食べかけで失礼します。

4時ごろに信貴山につきました。







ここは、聖徳太子ともゆかりの深い場所のようで、
色々な意味のお参り場所があり、
ゆっくり散歩をしてみました。

すると、こんなところが。


旗には出世とか書いていあったので、今はあんまり興味ないなと思いながらも、
階段の上に大仏様がみえたので、あがってみると、

なんと!子供のため(子供の健やかな成長・厄除け・智恵・・・など)大仏様でした!






これは、よいと、息子と一緒に手を合わせてみました。

・・・

その日の夜は精進料理を。

標高400mの信貴山は、夜も静かで涼しい。
虫の音も涼しく感じます。夜9時半には休み、

翌朝は、朝4時半に家族3人で起き、
5時からお坊さんのお話や儀式を体験したり、
本堂での祈祷もしました。



息子は、目をまるくして、いろいろ見ていたようです。
いつもは大声で話すことが多いけれど、圧倒されたのか?
興味で言葉を失っているようでした(笑)



それにしても、何となく、心がおちつくというか、
今、自分自身が持っているものに感謝がするというか、
こういう場所に居ると、物欲とかそういったものから縁遠くなるような感じがします。

素敵な無の時間。

いい感じの時間を過ごしました。



さて、今日はベビーケア講座の二回目の授業がありました。
これから、外国人のお客様がいらっしゃる予定。
フェイシャルリフレクソロジーセラピーに入ります。

TOUCH FOR WORLD International Week 2011

第一回世界自然療法シンポジウム

IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート




熊本 「かくれ里の湯」と鉄道「いさぶろう号」

日頃 東京に住んでいる私達にとって、田舎があるというのは幸せです。

どうしても、見られない景色、
どうしても感じられない、空気の美味しさ
どうしても、体験できないこと

これが、存在しますから。

子供にとっても、大人にとっても人生を色づける貴重な体験になると感じます。

前回のブログの続きですが、熊本の子連れ旅行の様子です。

深い深い雪の中、かくれ里の湯のスタッフの方に人吉駅まで向かえに来て頂きました。

宿につくと、かやぶき屋根の建物は、ずっしり雪が覆いかぶり、玄関にはツララがぶらさがり。



お部屋についてすぐ、約束していた雪だるまをつくることに。

この地方にしては珍しく、パウダースノーでなかなか雪が固まりませんでしたが、なんとか小さな雪だるまができてきました。



落ち葉と枝をみつけて、お顔や腕をつけました。

なんだか、おっぱいまでつけている。。。



雪だるまづくりを楽しんだ後は、入り口近くの「いろり」へ。
3歳の息子は初めて、「あぐら」姿勢に挑戦。



「昔はね。皆こうやってお部屋を温めていたのよ」

と話すと 「木が燃えると熱くなるの?これは気持ちいいね〜。暖かいね〜。でも熱いから触らないんだよね」と、興味深く、いろりを覗き込んでいました。

↓ お食事は、鹿サシや地鶏を自分で焼いて食べるなど、珍しい体験が。





お風呂は単純アルカリの優しいお湯。
レトロな温泉場で、これまた、日本を感じました。

お風呂で合った方は鹿児島、九州の方が多かったのですが、とにかく、この静かな山の中がお好きで、何度も足を運んでいるそう。

スタッフの方にもお話を伺うと、この宿のオーナーさんはキャンプの専門家で、今では温泉掘りの仕事もされているそうで、今後は、大自然の中にかくれるユニークな露天風呂を計画さているそうです。楽しみですね。

元旦の朝食を頂き、温泉につかった後、再び人吉駅へ。
おじいちゃん、おばあちゃんと別れ、列車の旅を楽しみながら鹿児島空港へ向かいました。

人吉駅からは、スイッチバックや景観で有名な「いさぶろう号」に乗車。



各駅に5分から10分程度停車し、景色を楽しんだり、記念撮影などの時間もとれるので、カメラを片手に「てっちゃん」風の方も乗っていらっしゃいました。



息子は、雪に手形をつくりたいと、手のひらをズボッと。



美人なお姉さんが、帽子をかしてくれてる記念写真サービスも。



吉野駅で終点。ここから「はやとの風」号に乗り換えです。



景色を見ながら横向きに座る席を選びました。
息子は、この列車を運転している気になっているようです。。



嘉例川駅でおり、そこからタクシーで10分くらいで、鹿児島空港に到着。

↓ この駅は、無人駅ですが、とても美しい木造建築。



車で行くと効率的ですが、列車の旅も大変楽しることを体験。
そして車内は、木がふんだんに使われ、レトロな雰囲気が素敵でした。

子連れと言わず、少しお時間に余裕のある段階の世代のご夫婦にもいいのではと思いました。

途中、竜馬で有名になった霧島など温泉地もありますし、鹿児島空港から人吉、球磨川を眺めながら熊本、博多方面に抜けるのも楽しめると思います。

列車の旅をしてみたいけれど、スイスやカナダまでは行けないな、
という温泉好きな方にお勧めなコースですよ。

さて、今回の子連れ旅は、私とは行動パターンの違う夫の選んだコース。

雪で交通がマヒしていく中、「私達はどうなるの??ここは、安全策をとった方が、、、」とハラハラしながらも、過ぎてみれば、いろいろな方に優しくして頂いて、充実の旅が。

私だったら、子供もいるし、「なるべく空港からアクセスがいいところ」とか、「どんな天気でも、ある程度楽しめるところ」、「最寄駅と宿までの足」、「ホームページの様子」などを考えながら選んでしまうのですが、今回の旅で、、、そうではない「旅の感動」が体験できました。

そして、何よりも、子供がいろいろなことを体験し、
喜んでいたのが印象的でした。

他人と家族をつくって育児、生活をすること、
他人の考えをどのように理解し、どう生活に融合するか、きっと、育児や子供の教育につながる、なかなか難しいテーマかもしれませんが、またひとつ、学んだ旅でした。

2011年新春開講!
西国IR認定ビューティーセラピー資格認定コース

西国IR認定コスモフェイシャル20111月開講 
西国IR認定コスモリフト20111月開講
 


2011
年新春開講!
西国IR認定フェイシャルリフレクソロジー資格認定コース

西国IR認定フェイシャルリフレク20112月開講  


東京・表参道の自然療法の国際総合学院
IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート
www.imsi.co.jp



お正月 子連れ熊本旅行

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月は夫の実家(熊本)、私の実家で3世代でゆったり時を過ごしました。

年末年始の九州地方は大雪。熊本でも、特に山の中を旅した私達は、
とても美しい雪景色をみることができました。

私は29日まで仕事でしたので、30日の朝、熊本の駅で合流を。

先に出発した夫と3歳の息子は2人列車の旅へ。
志賀直哉の小説で有名な城崎温泉で、ゆったりカニづくしを楽しんだようです。
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/

さて、皆がそろい、熊本から九州横断鉄道にのって人吉駅まで移動。
この時期はお休みでしたが、この路線はSL号も走り、とても人気があるそうです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/18968/

そして、人吉から「くま川鉄道」で湯の前駅まで。



この鉄道区間は20年以上前ですが、鉄道廃止になりそうだったところ、住民の声が届き、路線が残された区間。当時は5つの高校がこの路線に存在していて、義父と夫も路線存続に力を注いでいたそうな。さすがの鉄道ファンですな。。。

終点駅の湯の前からタクシーで湯山温泉へ
郷土料理、民宿「川原」さんにお世話になりました。



入り口には、まきストーブが。
息子は、どうして温かいのか?興味を持ったようです。



久々に民宿に泊まりましたが、日頃食べられないような郷土料理に感動!



コイやヤマメ、しし鍋など、珍しい食材だけでなく、味付けも上品。
たくさん食べても、次の日の朝にはまた、お腹がすいている?!
とても満足でした。

↓ 手作りの「にごり梅酒」 美味しくておかわりしました!




お風呂のお湯は、ほんのり硫黄の香りがするけれども、強すぎず、温泉らしいお湯。
身体の疲れが取れるのと同時に肌がつるつるに!

次の朝、起きてみると、一面、銀世界。

↓ 別館は雪が積もって、さらに趣がある感じに。



雪の影響と大晦日でタクシーもなく、困っていたところ、民宿の方が軽トラ&自家用車で輸送してくださいました。感謝感謝です。

そして無事に「湯の前駅」に到着。



出発までの間、息子は、くま川鉄道の運転手さんに抱っこしてもらって、ブレーキまでにぎらせてもらったものですから、大喜び!お礼に、おせんべいを渡して、「ありがとう」と言ってもらえたものですから、更に喜んでいました。





人吉に到着後、予約していていた、山あいの温泉地「かくれ里の湯」を目指すことに。

観光案内所の方には、雪が深くて動きが取れないからキャンセルすることを勧められましたが、夫、得意の「何となるでしょう」という意見で進むことに。かくれ里の湯では、いろりを楽しみながら、息子は人生2度目の雪だるまをつくることに!

そして、車窓&面白列車日本一とも言われる「いさぶろう号」に乗車。

続きは、また次回お知らせしますね。

2011年新春開講!
西国IR認定ビューティーセラピー資格認定コース

西国IR認定コスモフェイシャル20111月開講 
西国IR認定コスモリフト20111月開講
 


2011
年新春開講!
西国IR認定フェイシャルリフレクソロジー資格認定コース

西国IR認定フェイシャルリフレク20112月開講  


東京・表参道の自然療法の国際総合学院
IMSI ザ インターナショナル メディカルスパ インスティテュート
www.imsi.co.jp





リゾナーレで森林浴

さて、子連れ旅行の続きですが、

翌朝は、森の中を家族でお散歩。
パパに連れられて、森の小道に入っていきます。


 
途中にキノコを見つけて、じっくり観察。
「食べれないキノコ」の話もする機会になりました。



森の中でかくれんぼをすることに。



パパはどこかな?



こっちかな?



葉っぱの香りや、土の感触。木々の間に差し込む光が気持ちいい。
元気いっぱいになりました!

チェックアウトまでは、ホテル内のブックスカフェでひと休みをすることに。



サービスで頂いた、レモングラスとローズマリー、ペパーミントのハーブティがとても美味しかったです。

帰りは、また特急「あずさ」にのって東京へ。大学で仕事のあるパパさんとは新宿でお別れし、帰宅しました。

綺麗な緑を見ながら、新鮮な空気を吸って、リフレッシュの1泊旅行でした。

ベビーケアのコースが新しく始まりました。

自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
● フェイシャルリフレクソロジー
● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ




小淵沢 リゾナーレ 子連れ旅行

3連休ですね。

仕事に行く途中の電車の中で、親子一緒にお出かけかな?
という家族連れを、たくさん見かけました。

さて、我が家では、連休とは時期をずらして、
久々に家族旅行に出かけてきました。 

行先は小淵沢。そして、滞在先のホテル「リゾナーレ」
http://www.risonare.com/

中央線の特急「あずさ」に乗って、松本方面にすすむと、
それは、それは美しい、大自然とアルプスの山々が眺められるのですが、
東京からは、少しばかり時間がかかります。

小淵沢は、美しい山々が見られる入口地点とでもいいましょうか?
それほど時間をかけなくても、大自然を眺められる良いポジション。

そこに、ホテル「リゾナーレ」があります。

宿泊施設の他、露天風呂、森の小道、プール、チャペル、音楽ホール
ブックス&カフェなど、様々な施設が利用できます。



初めての滞在は、妊娠中で、臨月の時でした。
その時の心地良さと、スタッフのホスピタリティが気に入り、以来、リピーターになっています。赤ちゃん連れの時も、いろいろなサービスが快適でしたし、子供向けの体験プログラムも大変充実していますよ。

今回の旅のテーマは、

● プールで遊ぶこと。
● 森林浴をすること。
● 子連れでも気兼ねなく、フルコースを頂くこと。
● メゾネットのゆったりスペースで気分転換すること。

どれも宿泊しているからこそ、急いで帰る必要がなく、親としても心の余裕というか、リラックスできるわけでして、なかなか貴重な体験をしてきました!




ベランダから緑が見えるメゾネットルームに入ると、息子がお昼寝タイムに。その間を利用して、夫にフェイシャルリフレクソロジーしてみました。

その後、息子の目が覚めると、昼寝に入った夫を残して、母子でプールに移動。
プールは波がでたり、滝があったり、ボールがあったりで、赤ちゃんから子供、そしてジャグジーなどもあるので大人でも十分に楽しめます。

写真はないのですが、、、
息子は、カラーボールを投げるのが楽しかったようです。
利き手だけでなく、両手を使って遊ぶことで、脳の右脳と左脳を刺激します。
ブレインジム風エクササイズ子供だけでなく、ママの脳内リフレッシュも!

思いっきり運動した後は、レストランへ。
豪勢な食材というよりは、地元の野菜や、お肉、果物ふんだんに使ったイタリアンは子連れには嬉しい、素材重視の優しいお味です。





最後には、銀の宝石箱に入ったスイーツが運ばれてきました。
チョコレートやタルト、チーズケーキなど。食べきれない場合はお部屋に持って帰れます。



長時間でちょっと飽きていた息子も、この宝石箱のおかげで?姿勢がピンとなりました!



夕食の後は、露天風呂につかったりと、ゆったりと過ごしました。
ただ、サッカーのW杯をしていた頃でしたので、
夫婦でかなり夜更かししてしまったのですけれどね(笑)

翌日は、森林浴で深呼吸。
そのお話は、次回ご紹介しますね。


ベビーケアのコースが新しく始まりました。

自然療法の国際資格、スペインIR認定ディプロマコース
● フェイシャルリフレクソロジー
● 内分泌系(ホルモン)へのアプローチを学ぶ
● コスモアイ オーキュラーセラピーを学ぶ
● ニューロフット リフレクソロジーを学ぶ



 


| 1/1PAGES |