calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法、日曜日コースの皆様


熊本に暮らす義父母のこと、

後輩の命のことからも

大切なことは何かを感じながら暮らしています。

あれをしたい、

これをしたい、

そう思っていても

何でもできる、ということはないのだから、

今までの縁と家族を大切にしていきます。

ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法 ディプロマコースにて、
日曜日は、1日も「顔」に触れる時間。

顔から内臓や身体に働きかけるリフレクソロジーは
小さな棒を使って行います。




朝の振り返りでは、

お父様にしたり、

お子様が興味をもった話、

自分の体調がぐっと変化した話

様々なお話がありました。

自分のために
家族のために、
隣人のために、

ディエンチャン。







 

トラウマ、緊急時に行うディエンチャン、顔をみる、顔に触れること


家族のために
自分のために
友人、隣人のためにある

世界のセラピスト達が学ぶ

顔の反射療法「ディエンチャン」

ベトナム医道の創始者、チャウ博士に

心身ともに、体調の維持が困難なトラウマを抱える時に
誰でも行える方法として
アドバイスをお願いしたところ、

すぐに返事が届きました。

ディエンチャン卒業、在校生の方にもシェア致しましたが
こちらのブログでもシェアいたします。

<心身の回復>

顔全体を指や棒で線を描くように刺激する。
痛みがあったり、敏感な部分を3回押す。

<愛情を伝える手当>

・眉間に手をあてる(あててあげる)
・左右のこめかみに手をあてる(あててあげる)


<不安 気持ちに作用する手当>

・左右のおでこに両手をあてる(あててあげる)
・左右の眉頭の少し上に手指をあてる(あててあげる)

実は、昨日リンクを掲載した
トラウマのためのブレインジムやEFTなどの手法と似ているのが
このツボ押しです。

おでこには、

人の不安や気持ちが現れやすく、
現れるからこそ、触れる時も、ここを手当てする、
というのが、長い間の経験、手法として、とても似ています。

米国の精神科、心理療法、教育の現場からスタートしたものも
アジアで戦争、貧困など苦しい思いをしてきた人たちがつくった
手法も、重なること、そういうことがあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デイエンチャンとは
http://www.dienchanjapan.com/#!about/c1mro


 

「花粉、、、今年は薬を使わなくてすみそう!!」

花粉の季節。

「花粉、、、今年は薬を使わなくてすみそう!!」


これは、ディエンチャン顔反射療法コースに参加している方のコメント。



「いつもは薬で対応しないと、いけない時期だけど、

今年は、ディエンチャンを習っているし、自分で試そうと思って、

ディエンチャン棒で、顔をぐりぐり!

やっているんですよ。

今の所、よい調子、このまま、いってくれたら嬉しいです!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の時期、花粉症が気になる季節。

ディエンチャン卒業生のなかにも、花粉が楽になった、

薬づけから解放された、と言う方が、たくさんがいらっしゃいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディエンチャンで行う顔ツボには


アレルギー、

炎症、

鼻水、

浮腫、

のどの痛み、


など、花粉のつらい症状に関係している

ツボのやツボのフォーミュラがあります。




ツボもいいのですが、

こちらのコメントを下さった方は、クラス1が終わっただけなので

まだ、ツボを習っていません。



クラス1で学んだ

こちらの反射区と



そして、テキストの裏の方をご覧になり、自ら予習を!!

すごい!

6つのリンパ反射、予習



反射区を使って全身に働きかけたり

毒素を排泄することしたり。

症状だけでなく、全体に働きかけることで、変化があるというのは、自然療法ではよくあることです。


花粉症は

アトピー性皮膚炎や
禁煙などと同様に

成功事例として国内でも、よく報告があります。


特に、花粉症に関しては

花粉症、そのものが治癒しなくても

いつもより症状がでない、

目があけられる、

鼻が通って、呼吸が楽になる


など、お悩みになっている不調、

そのもの減るだけでも、助かると喜ばれています。




次回は、クラス3、いよいよ冨野学院長登場です!
ツボに入ります。
お楽しみになさっていてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディエンチャンを試したい方へ

体験会(要予約、無料)
http://www.imsi.co.jp/session/index.html

または、

年に2回のIMSIの学園祭「セラピーフェスティバル」もどうぞ!

フェスティバルは、卒業生が担当して下さいまして、毎回に人気のコーナーです!
残席わずかです。
http://www.imsi.co.jp/course/event/index.html

 

症状をなくす、、、だけで考えない!ベトナム医道ディエンチャン


ベトナム医道、ディエンチャン顔反射療法コースでは、

病気を治すためでなく、、、、4つのことを手に入れることだと学びます。

基礎コースの2日目が行われました。

2日目は、

〇反射区のチャート
〇ディエンチャンの施術の原則

について、理論プラス技術。
2人組で、施術をしながら深く体験していきます。



大切なのは、ベトナム医道の目的をしっかり意識すること。

目的とは

〇 健康であること
〇 知的であること
〇 幸福であること
〇 お互いを助け合うこと

この4つなんですね。

癌や難病を患った方の回復や変化の症例も、ベトナム、フランス、国内でさえ、たくさんありますが、それは、上記の目的経由で対象となる本人や家族でおきているのだと感じます。


また、ディエンチャンは、簡単で、自由!が特長という声も多いのですが、

「自由」はディエンチャンを提供して行くときに有効なアイデアのひとつであり、
手法において、なんでも自由なんてことはありません。

たとえば施術時間は5分から15分という枠があり、

テレビをみながら、ながら1時間というのは、多すぎ!
「なし」ですよ!

お風呂に入りながら、顔ツボは、基本的にしません。

クライアントの気持ちを尊重していくコミュニケーションがなければ、

4つの目的は、カバーできませんし、クライアントに触れる施術の原則もあります。

お母さんがお子様へ、

だけでなく、

子どもでさえ、大切なお母さんにしてあげることができるセラピーですから

考え方という点で、理解が深まる2日目です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



内臓チャート

内臓の反転チャート

卵巣、子宮などの生殖器

ロダンの考える人チャート(*^_^*)

椎骨、背骨のチャート

陰陽チャート

同形チャート

たくさんありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のデモでは、「鼻水、鼻づまり、鼻がいたくて困る!なんとかしたい!」というクライアントと一緒にデイエンチャンをして、その突破口が「腰、脚」にあって、足腰の反射区をほぐしたら、楽になったという体験もありましたよ!



腰痛、肩こり、頭痛、手の痛み、胃が痛い、
一つの症状を消すというよりも、大事な考え方があります。

皆さん、楽しそうに、快適になって、2日目を終えました!

モジュール2はツボです。楽しみにしていてくださいね!


コースの内容↓
http://www.imsi.co.jp/course/dienchan/diploma.html

 

ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法のクラス1

2016年の最初のベトナム医道ディエンチャン顔反射療法ディプロマコースが
スタートしました!



参加された目的は

〇体調を崩している自分や家族にできることしたい。
〇ディエンチャンの施術を受けて、気持ちよかったので。
〇「顔」で、こんなことできるのかーと思って!
〇メイクの仕事や、フェイシャルの仕事に加えたい!

など。

8名のクラスで、楽しく学んで行きます!



クラス1では

基本となる3枚のチャートと

ディエンチャンをするときに
大切にしている考え方をお伝えする時間です。


とぉーーーても大事なので、
ゆっくり体験しながら、心と身体で納得して、理解していただきたいなと思います。





↑3枚のチャート、、、テキストが反射して、少し見えにくいですが。


顔への刺激を

どんな風に、
どんな道具で、
どんな力で、

していくのか?

そして、目の前の人と、どんなコミュニケーションをとりながら進めていくのか

ここが「みそ」になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラス1で学ぶ

恒例の

「生きたツボ探し」タイム





顔の皮膚でも、

敏感なところ、
痛みを感じるところ、
ゴリゴリしているところ、

部位によって違うし、左右でも違うのです。





「顔って、何かあるんだ〜」、

「顔って、不思議だな〜」、

こんな体験をしていきます。

今日は雪で、到着までに相当お疲れの方もいらしたのですが、

終了後、皆様の顔がイキイキと。

心も体もほぐれました!
ワクワクしています!

というコメントもいだきました!

次の2回目がとても楽しみになりました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験会の日程(参加要予約、無料)
http://www.imsi.co.jp/session/index.html


ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法ディプロマコース
http://www.imsi.co.jp/course/dienchan/diploma.html
2月は23日です開講です(火曜日コース)

 

ベトナム医道ディエンチャン創始者から学ぶこと

<ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法について>

6日続くアドバンスコースもついに、明日が最終日に。

創始者のチャウ先生との学びから↓

・・・・・・・・・・

ベトナムという国で、長く続いた戦争中も、戦争後も

病院が人であふれかえっていたり、

そもそも、薬も病院もなかったりしたことで

「健康である」ということは人々の幸せをつくると思った。

東洋的なものの見方を大切にして鍼灸師として働いたが、

それでも、人を待たせることが多くて、人があふれる、みきれない。

様々な人に会う中、

「ここにきている人たちが自分で治せるように」と

鍼を使うことをやめ、

患者が自分で行える方法を主として考えていくことになった創始者のチャウ先生。

顔の反射区を使って、自分や家族の健康をつくっていく

ベトナム医道、ディエンチャン 歴史は35年。

学びやすく実践しやすい、シンプルな方法。


その方法は、学び始めて、すぐの人でも、役に立つようにと

発明されてきた意図がある。


10年厳しい修行を続けなければ、できないものであれば、

多くの人に恩恵がいきわたらず、限られた人のものだけになってしまう。

ディエンチャンではそれを望んでいない。

・・・・・・・

ディエンチャンは、こんなことが手に入る方法と

チャウ先生は伝える。


・美しさ
・健康
・知恵が生まれる
・人を尊重する
・交流をする
・徳を積む
・自由
・純粋なもの・フレッシュ
・長生き
・心の平安
・偏見を持たない
・社会をよりよくしていく
・心配ごとが減る
・節約できる(医療費)
・やっているときが楽しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アドバンスコースでは、いろいろな手技というよりも、

人のあり方を学んでいるようで、たくさんの気づきがあります。


そして、なぜか、この上に書いてあることの大切さに気づいたり、

「これ、私は、既にもらっている」という感覚すらある。

生でセッションをみられるから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人を診断して、何かを、決めつけることなく

とても自由で、短時間でココロとカラダの変化が現れる方法。

悩んでいる人が主体的にその問題に関われる。

それも、ストレスなく心地よく。

だから提供する側も心地よくいられるのですね。

脳の病気から癌、不妊、認知症、耳鼻の疾患など、様々な不調をもっている人たちにどう触れていくか、

また、人の痛みについても、たくさんの気づきと学びがありましたが、

何よりも

○ 健康についての知恵
○ 人についての知恵
○ 人を思う気持ち

を得たことが、ありがたいし感謝。

これを学んでいる皆様と一緒に
その輪が広がっていく予感がしています。

さて、最終日も楽しく学びましょう。










陰を刺激する呼吸

ディエンチャンアドバンスコース2日目

「陰を刺激する呼吸」

リラックス作用があり、隣の席の希ちゃんは大きな変化が。

自分には何事にも同時ない落ち着きがくる感じ。昨日の陽と合わせ、これで、陰と陽の使い分けが自由にできます。

今日は、10年来の耳鳴り、
冷えが強すぎる、
15cm以上の子宮筋腫、

様々ケースで、学びが深まった時間でした。

授業後は、ショッピングと夕食アテンド。
先生は、熱かったのかビール大サイズと3、4ヶ月に一度しか食べないというアイスクリームを注文されました!

そして、たくさん仕事をしてもエネルギー減らない、「チャウ先生オーラ」を、居酒屋でありがたく頂きました^o^

74歳になる先生から学ぶこと多いです。ちょっと勇気を持って若い頃のこと聞いちゃった。

大変な時期に気功スタートしてるからなあと。

ホテルまで送り、駅に戻る途中、大雨で驚くほど、ずぶ濡れになり、冷房の中、電車も止まったのですが、私の内側は、冷えることがない不思議な感覚です。

ずぶ濡れ&冷房と全くありがたくない組み合わせなのですがね。

ベトナム医道ディエンチャン、チャウ先生来日

<陰陽は頭で学ぶのではなく、身体で理解してこそ>

来日セミナー、ディエンチャン顔反射療法初日の様子です。

ベトナム人のチャウ先生から「陰は?陽は?何かと、アタマで理解するのが学者さん、皆さんには、知識だけでなく、「身体で陰と陽を感じるようになること」をお勧めします」と話がありました。

「陰陽を自分で感じる」・・・・この学びは奥が深いな、と感じました。

昔から「眠り姫」の傾向が強く、バタバタ行動をしない私は「陰」の傾向が強そう。瞑想しようとしても爆睡していることが、かなり、あります。

「陽」の気を高めて、アタマを聡明にする「陽の呼吸法」習いました。2回目の受講なので、少しブラッシュアップしたかな?

コツをつかんだ体感もあったので、精進していきます!

一緒に学んだ皆様のコメントも学びが深まる材料に感謝。

2日目行う予定の「陰の呼吸」どうなることでしょう!

ベトナム医道とベトナム戦争

「正直な私的な感想。こんな、戦争体験している国の人のアイデアと意思には、、、ベトナム」

セラピーといわれるものは世にたくさんある。

が、子供が自分でしても効果があり、腕利きのセラピストでなくても、リラックスしながら、純粋に家族や人に役立つものは、珍しい。

ベトナム医道のディエンチャン。

正直、どうしてこんなに大きな影響が出るのかと、よく感じる。

ベトナムから顔反射学の先生が来日、明日から、6日間連続でアドバンスコースが開催されます。

70歳過ぎの創始者のチャウ先生が到着されました。

原点となったともいわれる戦争、

ベトナム戦争について

あんまり詳しく知らなかったことに気づき、調べました。

「こんな戦争、体験している国の人が言う、健康とか家族の大切さ、半端じゃないな」

これが正直な感想。

来年は来日しないかも、という頭もあり、

明日からの学び、皆様と一緒に、じっくり味わいたいと思います。

写真は緊張して息子がお腹痛くなったときのもの。

彼は小学一年生から始めた。私にやってもらうのが好きだが、時に私もしてもらっている

 ディエンチャン15分の施術で行うと?

ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法

前回のシェアさせて頂いた 

2日目の整体の先生が感想を書いてくださいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ディエンチャン セミナー2日目


•朝1年ぶり?くらいに早く起きて寝不足なしで快調。昨日のディエンチャンの練習の成果だと思うが、出来過ぎの印象。

•駅まで普通に歩けた。雨なのに気分がよく足が軽い。途中で息切れしないのはやはり半年か一年ぶり。

•ところが、長雨のせいか電車の空調が強く後頭部や肩にあたって冷えてしまい、急に体調は下降した。上着を忘れてきたので、気持

ちを持ち直して手で防御して、ふと、顔と頭の固まった処を擦ってインスタント•ディエンチャンを実行すると、だんだん体が温まり原宿駅では復活。

•実際に講義でそのことを話すと、ディエンチャンはもともと庶民向けに箸でやるのが出発だったので、道具が無ければ手でも爪でも構わないそうでした。

•さすがベトナム戦争中に作られただけあって、寛容かつ柔軟です。

•今日は昨日の体躯全体や感覚運動系の反射図に加えて内臓系と様々な同型=似た者同士の反射図を加えて、図だけ見ると混乱状態でした。

•更に経絡と対応する感情も考慮に入れて実践練習へ。

•ともかく実践で様々な反射図を多角的に使ってクライアントの課題をカウンセリングして応じました。

5分から15分で終えます。

•やってみると、やはり道具に助けられ、

クライアントの反応が明快なので特に困難なく施術のプロセスが進み、

僕の例では首が反らせない課題でしたが、肺のエリアに明らかな硬結が見つかり、

様々な反射図を使うと面白いように良くなりました。

 

•最後に首や肩の硬化した処と顔を合わせ、さらに本人が胸や首筋などに不快感が残るというので、

大きめの道具で綺麗に仕上がりました。

•これで15分?内容と変化の質量とも、一時間の本格的整体と比べて遜色ない出来でした。

•反射療法は多くはマニュアル的になりがちですが、ディエンチャンは創造的でプロセス志向なので楽しいし飽きません。

•2日目でここまでできるなんて、想像していませんでしたが、嬉しい誤算です。

自分がクライアントになった時も同じ様に素晴らしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディエンチャン、今日は美味しく食べてキレイ&ヘルシー体験のディエンチャンイベントが

ベトナム料理レストランでありました。

とおっても美味しいお料理にセラピーで盛り上がったようですよ!
詳しくは冨野先生のブログをどうぞ!


ディエンチャン体験会(無料)
http://www.imsi.co.jp/session/
 


 

| 1/3PAGES | >>