calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

子連れ 鉄道博物館

昨日は息子の誕生日でした。
この日は、夫婦で前からお休みをとっていて、息子と「大宮にある鉄道博物館に行こう!」と計画していました。

それが、鉄道・電車に詳しい夫がインフルエンザでダウン。
息子は楽しみにしていたし、子供にパパにへばりついても回復が遅れるしということで、泣く泣く私達だけで出かけることになりました。

パパさんの頭と首もと、足にアロマオイルを塗り、フルーツで作った生ジュースや、野菜スープを残し、出発しました。

上野から高崎線で30分弱で大宮へ、そして大宮からニューシャトルにのって一つ目の駅「鉄道博物館前」へ。
http://www.railway-museum.jp/

早速、入場カードを準備して入館。
事前に何もチェックしていなかったので、入り口のお姉さんにパンレットをもらい、簡単な紹介をお願いしました。

どうやら?予約が必要な乗り物があるようで、まずはミニトレインを予約して、1Fのヒストリーゾーンへ。

・・・いろんな汽車や電車が置いてあります。



息子は赤いのを気に入ったようで、写真撮影を。
この色は電車にはあまりないですね。。。

そして、やっぱり蒸気機関車の前で動きが止まります。。
大きな動輪の前で。




↑ ママも映像を見ながらSLの歴史を一緒に学びました!



↑ 機関車の製造技術がまだ日本になかった頃、明治5年に始めて英国から日本に輸入された機関車。

おどろいたのが、「機関車トーマス」でみるような、ボディに縁取りの線があったこと!



・・・単なる創作ではないのね・・・

時間が来て、外のパークゾーンへ。
実際の電車が通る線路脇に作られていて、いろいろな電車が通るので、子供が喜んでいました。

さて、待ちに待ったミニトレインの運転体験です。


どの電車にあたるかは?で、私達は埼京線にあたりました。幸運にもアクセルとブレーキが分かれてついているタイプ。


一応、小学生以上の運転となっていますが、ママと一緒に、ちょいと運転体験。



信号機もありますし、途中の駅があって、停車もできます。

すれちがう電車もみて楽しみながら、もとの駅に戻ってきました。



自分でスピードを決めながら、運転できてなかなか楽しい体験。

その後ミニシャトル、新幹線のこまちにのりました。




パークから戻り、模型エリアに行くと、いろいろな列車、電車のプラレールが。
山や鉄橋、トンネルや駅など、細かい作りでかなり楽しめます。



時間帯によっては、朝から夜中までの電車が走る様子を、お姉さんの解説付きデモンストレーションが行われます。



途中レストランにいって休憩したりしながら、あっという間に閉館時間の6時に。2時ごろに到着したので4時間、みっちり遊びました。平日で空いていたので、何をするにも待つことなく、とてもゆったり過ごせました。

帰りの電車の中は、疲れきって、爆睡・・・・
家に着くまで、ずっと抱っことなりました。

家に帰ってから、皆でご飯をたべながら、息子からパパに今日の報告を。
写真の解説をしてあげていました。

さて、「てっぱく」の入館料は大人1000円、子供200円(3歳から)
入り口に100円返却式のコインロッカーがあって便利。
新しいので、トイレ周りもベビー系、すべて整っています。お腹の大きなママが、上の子を連れている姿を良く見たので、妊婦さんも来たい場所なのかと推察。

中のレストランは、食事系でも700・800円が中心でリーズナブル。外には自動販売機などもたくさん置いてあり、料金は駅と同じです。

パークゾーンやパノラマデッキなどでは、持ち込みのお弁当も食べていいようなので、こういう施設にしては良心的ですね。

また空いている平日にでも、行きたいなと思いました。




東京・表参道の自然療法の国際総合学院IMSI



| 1/1PAGES |