calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ブログ移転のお知らせ

 

ブログ「Saga-log」に訪問くだいましてありがとうございます。

 

ブログの引っ越しをいたしました。

 

今後は、こちらの方に投稿していきます。

 

「人生がイキイキと輝きはじめる<リラックス脳>の育て方」

 

http://yoshiko-saga-imsi.com/

 

 

引き続き どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


特別支援学校にて、PTAのお母様・先生方とブレインジムを

11月初旬に千葉県の特別支援学校にて、ブレインジムの講演を行いました。

ご参加くださったPTAのお母様方の声がまとめられた「お礼の言葉&感想」というお手紙をちょうだいしました。

 

このような言葉をいただきました。

 

●「大変楽しく、参考になりました。気軽にできそうなので是非自分自身にも

子どもにも試していきたいと思いました。楽しく日々を過ごせるようになりたいです」

 

 

●「脳と身体を動かす、言葉ではできそうだなと思うことも、実際説明をうけて、体験すると、いかに身体を使って、いるようで使っていないんだなと思いました。

子どもに、それから、介護の仕事をしているので、今日学んだことを自分なりに勉強して、いかしていいきたいと思います。楽しかったです。ありがとうございました」

 

 

●「本日はありがとうございました。子育てに仕事(医療)に自分自身のためにも、活用していきたいと思います。先生の講演は、また必ず聞かせていただきたいと思いました」

 

 

●「楽しい時間を過ごせました。家事や仕事では全身を動かすことって、ないですよね。動いて、笑って、イキイキした感じです。また<おちつくというポーズ>も活用したいと思いました」

 

 

 

●「とても分かりやすい説明で、生活の中で実践できる動作で単純に思えることですが、このように学んだからこそ、日常で意識ができるとことだなぁと思いました。

とても有意義な時間でした。ありがとうございました」

 

 

 

その他、いくつもの「声」をいただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ブレインジムを始めてしたころ、

 

なんで、こんな簡単な体操なのに、自分の気持ちだったり、

カラダだったりが変化するんだろう、って驚きました。

 

続けていたら、アタマがよくなったこともあり、30歳もすぎていたので、

それも、驚いたわけです(笑)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回、お声がけいただきましたのは

昨年ブレインジムコースをご受講いただきました

セラピストのお母さまです。

 

学校の先生方とたくさん連絡をとってとても丁寧に

ご準備くださいまして、深く感謝しております。

 

また、当日ご参加いただきましたお母様がた

先生方に感謝いたしております。

 

皆さまがそろって、玄関のところで、

 

とっても素敵な笑顔で出迎え、見送って

下さったことが一番記憶にのこっています。

 

こういうの素敵だな〜と感動し、

 

とても記憶に残る出張でした。

 

ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が担当しますブレインジム公式コース、今年最後は12月からです。

 

来年は、少し、公式コースの開講頻度を減らしますので、

学びをご一緒されたい方は、是非この機会におこしくださいね。

 

次回は

日曜コースは4月開講

平日コースは半年先の6月になります。

 

ブレインジム・原始反射統合・体験会(無料要予約)

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 

公式コースは、日程はこちらから

http://www.imsi.co.jp/course/capacity/usa.html

 

依頼出張、講演、セッションなどは、来年も引き続き、

ご予約をいただいていますので

御希望やご相談がありましたら、お伝えください。

 

 

 

 

 


【ブレインジムとアロマセラピーで感情マネジメント】

【ブレインジムとアロマセラピーで感情マネジメント】

 

先日は出張セミナーで埼玉県へ。

 

お声がけいただきましたNPO法人えじそんくらぶ様は、

 

ADHD等発達障害に関する支援、教育活動をされていらっしゃいます。

 

 

『リラックス脳に役立つ香りと身体アプローチ』

 

〜怒りやイライラに働きかける感情マネジメント〜

 

 

2時間のセミナー。

 

身体を動かすこと、

 

嗅覚を活用した自然療法を取り入れ、

 

明日からの毎日がますますイキイキと充実していくきっかけになったら嬉しいです。

 

 

 

お声がけいただきましたのは

 

同じブレインジムインストラクター仲間で

 

NPO法人 えじそんくらぶ様 

 

理事の土橋秀子さま。

 

お互いに内容をしっているということで、

 

打合せから、内容の相談まで、

 

何を優先するか?

何を紹介するか?

 

など、いろいろお話が、深くできて、

とても楽しく準備させていただきました。

 

NPOの方にも大変お世話になりました。

 

ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私が担当します

 

ブレインジム公式コース、

今年最後は12月です。

 

来年は、少し公式コースの

開講頻度を減らしますので、

学びをご一緒されたい方は、是非この機会におこしくださいね。

 

次回は

週末コースで日曜コースは4月開講

平日コースは半年先の6月になります。

 

ブレインジム・原始反射統合・体験会

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 

公式コースは、日程はこちらから

http://www.imsi.co.jp/course/capacity/usa.html

 

 

依頼出張、講演、セッションなどは、来年も引き続き、

ご予約をいただいていますので

御希望やご相談がありましたら、お伝えください。

 

 

 

 


千葉県の特別支援学校でブレインジムの講演会を

 

【PTAのお母さま方とブレインジム】


本日は千葉県の特別支援学校へ出張し、

 

小学校から高校までのお子様のお母さま方へブレインジムをしてきました。

 

約30人の保護者の皆様と先生と、心地よく身体を動かしました。

 

以前、IMSIブレインジムをお受けになられたセラピストのお母様にお声掛けいただいての会。

 

学校に到着すると、

 

お母様方、先生方、そして校長先生までも

 

玄関で出迎えてくださったのです。

 

驚きましたし、感動いたしました。

 

皆さま、とーっても、温かい表情なのですよ。

 

校舎もやっぱり同じ空気☆☆☆

 

私の卒業した順天堂大学から近いこともあり、

 

同窓の先生方も大変多いのだそうです。嬉しいですね。

 

ご家庭できるブレインジム

 

短い時間ですが、

 

参加してくださった方々の毎日に

少しでも役に立てる「学びの場」になりましたら

 

嬉しく思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

年内最後のブレインジム公式コースは12月です。

 

体験会(無料)はこちらから

 

 

ブレインジム・原始反射統合・体験会

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 

公式コースは、日程はこちらから

http://www.imsi.co.jp/course/capacity/usa.html

 

 

 


「できた」が肯定されるのは普通、成長のプロセスが肯定されること

昨日は「NPO法人 教育キネシオロジー協会」ジャーナル「えでゅけ」にて寄稿をしてきた

 

【シリーズ「ブレインジムをする上で大切にしていること」ず能回】

 

でとりあげた、「成長のプロセスが肯定されること」

 

について触れました。

 

 

この投稿では<プロセスが肯定されること>について。

 

ブログで書くのは、

 

自分がしている脳力開花の仕事は

 

それこそ、たくさんの手法が世にあるし、

たくさんの人がいる訳です。

 

ですので、「どんなことを重要だと思っているか」

 

お知らせしておくようにしています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「成長のプロセスが肯定されること」

 

 

そもそも<肯定>がつかわれる機会をみていくと、

 

自然発生的に圧倒的に多いのが、

 

できた、できない、

勝った、負けた、

選ばれた、表彰されたみたいな

 

<結果>への肯定。

 

人々の意識として、

 

やっぱり、分かりやすいものに反応する。

 

<結果>って目に見えて分かりやすいんですね。

 

そういう意味では、結果による肯定は自然現象。

 

でも、意識していないと、ただ、適当にすごしてしまうのが、

 

プロセス中の肯定感です。

 

プロセス中の意識は、必ずしも、超ポジティブである必要はないのですが、

 

プロセス中に、否定の割合が増えすぎると、成長への障害になることがあります。

 

その時々、ひとつひとつの自分のパフォーマンスが下がるからです。

 

 

例えば、こんな例。

 

 

ひとつ、成長していることが自分でわかっていても、

 

それとほぼ同時に「まだ、ここがダメだ」ということに意識が全面的に向かうこと。

 

プロセス中の経過で2つ、違う例であげてみると

 

ケースA

 

「〇〇は伸びた・スキルになっている感じがする」

  ↓

「△△は、何かがもう少し」

  ↓

「でも、〇〇はスキルになっている、よし○○を発展させて行こう!」

 

という脳の使い方と

 

ケースB

 

「〇〇は伸びた」とほぼ同時に「でも、△△は、まだダメだ」

 ↓

「△△がダメだ、やっぱり△△、変わらないな」

 

 ↓

 

「△△△△△△、、、、」

 

という否定感が深まっていく、脳の使い方。

 

どっちが良いでしょうか?

 

もちろん、ケースBで<結果>を出す時があります。

そしてその結果を積み重ねていく時期もあるかと思います。

 

でもですね。

 

脳の使い方にストレスかけて、鞭打って、みたいな方法は、

人生軸の長い期間でみると、持続力と言う意味で、

パワーが減ってしまいます。

 

脳の中で否定的なことと、肯定的なこと、

両方に意識をむき、

肯定的なことを活用して、行動を継続させていくこと、

 

これ、ナチュラルな成長モデルに、とても大切と考えています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「プロセスを肯定的にとらえる」

 

これは、自分が、どうなのか?

 

日々の小さな行動をしているとに、

 

自分が何を考えているか、で簡単に確認することができます。

 

頭の中に否定語が多いときは、

 

「より肯定的にとらえられることは、何かな?」

 

と、わざとらしくも、考えてみる時間をとってみるといい。

 

特に大人の方で、否定癖が付いている方は、

 

きっと、今までに苦しい体験も重なったことがあるかもしれません。

 

そういう周りが多かったのかもしれません。

 

最初は癒しや、適切なプロに助けを求めることがあると思いますが、

 

ある程度、日常生活が動いてきたら、

 

プロセスの肯定が、ナチュラルかどうか、

 

確認する作業に入った方が、より、成長のスパイラルにのりやすいです。

 

私が、大人の方とワークをするときには、

 

脳の使い方をチェックをして、

 

より心地よく、のびやかに脳が活用するか、

 

ステップアップ練習をしてもらっています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ブレインジム・原始反射統合・体験会

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 

 

次回担当する公式コースは、日程はこちらから

http://www.imsi.co.jp/course/capacity/usa.html

 

 


Edu-K Journal 寄稿「ブレインジムをする上で私が大切にしていることぁ

ブレインジムの協会

 

「NPO法人 教育キネシオロジー協会」さまから依頼があり

今年度の協会ジャーナル「えでゅけ」にてシリーズの寄稿をしてきました。

 

「えでゅけ」は年回4回の発行。

内容を読むと、ブレインジムを知らない人向けと言うよりは、

知っている人、インストラクター向けの文章がみられるジャーナル。

 

さて、私が依頼されたテーマは

 

【シリーズ「ブレインジムをする上で大切にしていること」】

 

です。

 

最終回の4回目が発行されました。

 

 

 

少しイメージしにくいところもあるかもしれませんが、

 

どんな話を書いたのか、ご紹介します。

 

 

 

ぁ崟長のプロセスが肯定されること」

 

「ブレインジムをする上で私が大切にしていること」い任蓮

 

「成長のプロセスを肯定したり、されたりしているときは、学びがいい感じで進んでいく」ということを書いてみます。

 

これは私が「プロセスを<常に>肯定せよ〜!!」と言っている、という意味ではありません。

 

ただ、見てきたこと、、、

 

今まで出会った方達のラーニングブロックがバラっとはがれ、成長がグーンと促進されるタイミングをみると、

 

それが、成長のプロセスが肯定され始めたときに、起きているということなのです。

 

もう少し加えると、ブレインジムをしてグングンのびる方がいる一方で、

 

一時の変化はあるものの、継続的にみると「あらら、また、苦しそう、、、」という方がいらっしゃる。

 

さまざまな体験1つひとつに、いいことよりも、ダメなことに意識が向き、脳がストレスで忙しくなっているのです。

 

私にも経験があるので理解できますが、なんとも、この状態ではパフォーマンスが下がってしまうのです(泣)

 

 

 

ただ、ワークを続けていると、

 

こういう部分が、その人のペースで変わってくることがあるんです。

 

その「学び場」には本当に感動がありますね。

 

今まで、大変な苦労をしてきた分、、、。

 

 

 

 

自分が成長している途中で「うん、うん、いい感じ〜!」というのがあったら、しめたものです。

 

 

成長のプロセスが肯定されているときは、頭の中から否定語が減っていき、

 

 

身体がのびのびと動くし、リラックスして集中している状態。

 

 

目に輝きがでて、顔の「考え皺」も見られなくなります(笑)

 

 

 

さて、このシリーズも終わりに。

 

 

い任蓮崟長のプロセスが肯定されること」と題して、

 

「そのプロセスが否定から肯定にかわったとき、特に今まで苦労してきた人は、大きなシフトがきます。

 

そのシーンには感動があります」ということを書きました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<終わりに>

 

協会の方から「シリーズを!」と依頼され「私は何を大切にしているのだろう、、、」と考える機会となりました。

 

改めて分かったことは、例えば運動が苦手というお子さんと一緒にいるときも、

 

運動が得意という選手といるときも「自分が大切にしていることは、誰といても、同じだったんだ」ということでした。

 

投稿を編集くださった方への感謝と共に、最後まで読んでくださった方へ、心からお礼をお伝えしたいと思います。

 

ありがとうございました♡

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

続き プロセスを大切にする 追加投稿

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ブレインジム・原始反射統合・体験会

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 

 

次回担当する公式コースは、日程はこちらから

http://www.imsi.co.jp/course/capacity/usa.html

 

 


タラソテラピー(海洋療法)とブレインジム、原始反射統合セラピー

 

極上のウエルネスリゾート、沖縄県の「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」さまにお呼びいただき、

 

ウエルネスセッションをいたしました。

 

 

 

前回がアロマセラピーでしたが、

 

今回は<目元ケア>を中心に、脳活性をテーマに

 

ブレインジムや原始反射をご依頼いただきました。

 

私たちが日頃よく使う言葉、

 

原始反射、ブレインジム、リフレクソロジー、ディエンチャンはご存知ないのですが

 

ただ、話を聞いて、今まで、自分が学んできていることの中から、

 

セッションをクライアントと一緒に「手作り」していきます。

 

マニュアルも基本の学びとして基礎がためには、いいですが、

 

やっぱり知識と実際を現場で統合していく、


私は、パーソナルという考えや<手作り>にやりがいを感じます。

 

過去の病気や怪我、ご自身や、ご家族の不調があったりするのが、

 

普通にある中で、今の体調やリクエストをもお聞きしながら、

 

<今とこれから>を豊かにしていくウエルネスの内容を提供するのは、

 

セラピストとして本当に充実する仕事。

 

 

ホテルのスタッフの方とのセッションも含め、

 

とっても温かいホスピタリティーをいただきながら、

 

ホテルゲストの方からも、たくさんの学びがありました。

 

福島、愛知、香川、徳島県と、日頃は遠い場所にお住いゲストの方々。

 

出逢った方から、素晴らしいエネルギーをいただきました。

 

 

大変お世話になりました。

 

ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

セラピストが原始反射からアプローチで

クライアントの身体を潜在能力からアプローチすると?


原始反射×セラピー デモンストレーション

ブレインジム・原始反射統合・体験会(定期開催、無料)

 

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 


子供は学びの天才

【子どもは学びの天才】

 

武蔵野体育館でのスポーツブレインジム&原始反射のレッスン。

 

開始前のウォーミングアップで原始反射のエクササイズを小学1年生が、

 

幼稚園の子に教えている姿がありました。

 

それも、まぁなんとも自然で素晴らしい世界。

 

観察していると、かなり的をとらえた教育方法なのでした。

 

大人が子どもにするのも、「自信がありません」という大人が多いのに、

 

子どもは、学びの天才で、学びを拡大していく魅力的な先生でもあります。

 

ディエンチャンでも、子が親にセラピーをするという素晴らしい考え方があるが、

 

本質は似ていること。

 

子どもは学びの天才💛

 

今日から、原始反射コースが開始。


子どもたちに負けないように、大人も大人の良さをいかしながら、

 

「学びの天才」になるコツをつかんでいきましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブレインジム・原始反射統合・体験会

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 

 

次回担当する公式コースは、日程はこちらから

http://www.imsi.co.jp/course/capacity/usa.html

 

 

 

 


〈こころ穏やか〉に過ごすための脳と身体のエクササイズ】

【〈こころ穏やか〉に過ごすための脳と身体のエクササイズ】

 

月曜日は小金井市にて、子育て支援講座にお呼びいただきました。

 

現在、妊婦中の方、お2人含むお母さまの皆様と〈学びの場〉を共有しました。

 

写真は、この会にかかわるNPOの方と企画実行委員の皆さまと。

 

 

 

 

丁寧にご準備くださいましてありがとうございます。

 

次回は2週間後に2回目があります。

 

楽しみに準備したいと思います!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ブレインジム・原始反射統合・体験会

http://www.imsi.co.jp/session/session_04.html

 

 

次回担当する公式コースは、ブレインジム12月、原始反射は11月 です。

日程はこちらから

http://www.imsi.co.jp/course/capacity/usa.html

 

 

 


高校ラグビーの監督とつくる<ブレインジム原始反射セッション>

☆「失敗をして、焦る・自信をなくす」

 

☆「緊張をしすぎて、パフォーマンスが上手くいかなかった」

 

☆「切り替えが、上手くいかない」

 

☆「アタマでは思っているけど、なかなか思い通りにはならなかった」

 

人間界で生きている限り、一度はこういう体験をされている方も多いのではないでしょうか?

 

目標に向かって、生きている人ならば、特に。

 

この投稿では<活動報告>をいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

先日、毎年花園で行われる全国大会出場、活躍を目指す高校ラグビー部で

セッションを行いました。

 

 毎回、監督から事前にチームの様子を聞き、その時期にあった内容を相談し決めています。

 

 

 

活動報告↓

 

<日時> 2016年9月29日(木)

 

16:00−17:00 監督と事前ミーティング

17:20−19:20 セッション 

19:20−20:30 個別フォロー → 監督、コーチと振り返り

 

<場所> 埼玉県公立高校 格技場

 

参加:3年生とA-Bチーム 44選手、監督とコーチ

 

 

<リクエストと学びの題材>

 

今回は、関西遠征後で県予選など秋冬の公式戦が始まる時期ということで、監督から

 

〇「選手は、頑張ろうという気持ちが、強くなりすぎることがあり、過緊張になることもある」

 

〇「ミスが起こるのは普通だけど、誰だって、嬉しいものではない。いろいろな準備をしていても、いろいろなことが起きる」

 

〇「大会では選手のもので、指導陣が何かできるわけでもない」

 

ということで、

 

1) 大会前の調子づくり、過緊張について

 

2)  プレー中にミスがおきたとき

 

3) チーム全体が上手くまわっていないとき

 

この3テーマで学びを深めたいとリクエストがありました。

 

<学びの場>をどのように設定、進行するか?

 

 

 

 

監督からのチームの様子をもとに、選手と一緒に行ったブレインジムOBOプロファイルや、

現在までのアンケート、今までのセッションでの<観察>を

部分的に見たり、つなげてみたりしながら、リソースをかさねて行きます。

 

この作業をすると、私の脳も統合するのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、監督からいただいたテーマに、こんなお話と体験を加えてチームの皆様と過ごしました。

 

◎ 自分で調整をあげていくリソースづくり

 

◎ 自分で調子を整えていくリソースづくり

 

◎ チームビルティングの土台

 

 

セッション中は、選手の皆様の気づきや、学びを共有でき、大人の私も、もちろんのこと学びが拡大しますし、

毎回、次につながる<宝の発見>をいくつもします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終了後の個別セッション、フリー質問タイムでは、

 

〇緊張による吐き気や

〇怪我によるメンタル面での対応法

 

などが、ありました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

チームの皆様が、毎日の練習と大会で

 

<学びの機会>を積み重ねていく姿を、とても尊敬しています。

 

 

「誰もが、個性を生かし<のびのび>と成長していく世界を大切に💛」

 

 

フレー!! フレー!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月のブレインジム・原始反射の講演、セミナー予定

 

〇子育て・子育ち支援講座「<こころ穏やか>に過ごす脳と身体のエクササイズ」 東京

〇ブレインジム・原始反射体験会 東京

〇<目覚め>のセッション(原始反射) 沖縄

 

 

など。

 

 


| 1/30PAGES | >>