calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

シアーバターのマザーアースさん


今日は朝からシアバターのマザーアースさんのオフィスを訪問します。

内容は、この春からプロデュースするIMSIの人気講座

「アンチエイジングヘッドスパ」のフェイシャル版

「アンチエイジングフェイシャル」の準備です。

「アンチエイジングヘッドスパ」は機械も使わず、手でだけで、自然療法的に
頭皮や頭部を診ながら施術をしていくもの。

「頭部」がほぐれるだけでなく、フェイスラインも、変化するメソッドが人気です。

顔についても、

「ハンドテクニックだけで、あくまでもナチュラルに変化をもたらすものを深く追及していきたい!」

というIMSI講師陣の願いを達成するべく、思考をめぐらし、

マザーアースさんとコラボレーション企画を立案、調整、

実現への道へと向かいました!

マザーアースさんと言えば、代表の栗田さんを中心に、シアバターを通じた女性の自立支援を行う活動を行いながら、長く国内外で自然療法の活動をされていらっしゃいます。

また、昨年開催した「女性と自然療法フォーラム」や豪州ナチュロパシーを紹介する国際セミナーで登場された前田アンヌ先生もディレクターとしてお仕事をされている会社です。

さて、今日はIMSI講師陣の中でも特にフェイシャルに強みをもつ先生村上先生、増田先生、また、マザーアースさんの活動に関心をよせる桑田先生を引率し、研修へと向かいます。

場所は等々力。

増田先生は、すでにマザーアース代表の栗田さんのフェイシャルテクニックを
その目でみて、感動したお一人。

実技では2人組でセッションを行う予定。

さぞかし、私たち全員の顔が、変化することでしょう!

施術が、とても楽しみ。

そして、過去3年にわたり親交を深めてきた人生の先輩、代表の栗田さんにお目にかかるのがとても楽しみです!

自然療法をされる方や「ナチュラルな方法で、、」と考えている皆様に喜んでいただける「フェイシャルトリートメント」。

紹介できる日を、心から嬉しく思い、

ワクワクしながら、準備を進めていきます!

もう少しで内容を発表しますので、どうぞお楽しみに!

自然療法の国際総合学院 IMSI

TOUCH FOR WORLD International Week

2月17日 妊婦さんへの出産準備勉強会!
「マタニティ・ブレインジム」
http://www.imsi.co.jp/seminar/braingym_maternity.html

ブレインジムコースに福地先生が参加される予定です!楽しみ楽しみ!


少々お知らせです!

2013年も楽しい1年になりますよう。

★夕食のお誘い★

IMSIの冨野先生&昨年の「女性と自然療法フォーラム」のスピーカー、管理栄養士の「福地かつ美先生」と新年会を称して夕食にでかけることにしました。

IMSIの生徒さんや昨年のフォーラムやセミナーなど、今までお目にかかったことのある皆様でも、実は初めて、という方でもご一緒されたい方は、ウエルカムです。

どうぞお気軽にお声をおかけくださいませー!

... 日時は1月16日(水)
時間は18:30くらいから、
場所は表参道近くを予定、後日予約。
参加者に場所をお伝え致します!

問い合わせ 連絡先
嵯峨 慈子
● saga@imsi.co.jp
● 嵯峨 フェイスブック メッセージ宛て

お友達になっていない方からのメッセージは見逃す可能性ありですので、リクエスト下さいませ。(エフィーさんの来日の時にポカがありましたので、、、予防対策)

また、美味しい場所を知っていらっしゃる方いたら
教えて下さるのもウエルカムです!

当日はブレインジムコースの初日、授業が終わって片づけをして、美味しい食べ物&お話を楽しみたいと思います。

ちなみに、当然ながら、高級な場所は選びませんよー!

つながりの輪を大切に!
自然療法の国際総合学院 IMSI

TOUCH FOR WORLD International Week

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
1月は定員となりました。次回は3月です!
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html


スポーツアロマトレーナー川端さんのコラム、「スポーツと自然療法」について

 触れることで世界とつながる 
「TOUCH FOR WORLD International Week」



12月1日に行われた国際セミナー
スポーツと自然療法にご参加いただいたスポーツアロマトレーナーの川端浩湖さんよりご連絡がありました!

川端さんのブログにてセミナー感想をご掲載頂きました。

ありがとうございます!


いろいろな活動をされていらっしゃいます。
スポーツにご興味のある方必見。
ご紹介いたしますね!


http://blog.goo.ne.jp/in_the_field/e/f79d602e56949eabf230554a09f3a747

とても楽しかったキラ先生のセミナー、
思い出します。



自然療法の国際総合学院 IMSI

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html


マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」宮川明子先生のご講演レポート

 触れることで世界とつながる 
「TOUCH FOR WORLD International Week」


12月2日行われた女性と自然療法フォーラム

宮川明子先生のご講演

IMSIスタッフの桑田先生からレポートが届きました。

宮川先生の講演をきいて

 

お名前は存じ上げていましたが、実際お目にかかってお話を聞くのははじめてでした。

 

他の先生方が皆さんスライドで資料を示されながらの講演だったのに対し、宮川先生はスライドを使わず、明るい会場での講演でした。


講演を始める前に全員で自分の頭がい骨をつかんでその動きが骨盤の動きに関係するというお話をしたり、起立して骨盤周りの筋肉を緩める動きをしたりと、実際に身体を動すところから始まった講演は、いきなり会場のみなさんを宮川ワールドへ連れて行くようなパワーがあったように思います。

 

皆さんのこわばった身体と場をほぐしたところで身体の動きと自律神経の乱れ、体調不良との関係から、ご自身の体験談を踏まえた妊婦ケア、整体師・鍼灸師としての目線から脊椎と精神的・肉体的健康についてのお話へと話は進みました。



今までの先生方がハーブや栄養素、体内毒素などについてのお話から妊娠期の準備やトラブルについてのお話をされたり、食事の面から体調を整えたりするお話をされていた中で、切り口の違う身体の構造からのお話はボディワーカーとしては大変興味深かったです。

 

そして、ご自身の体験談から妊娠期の栄養の取り方、リラックスの大切さを語られました。


お話を聞いていて、このリラックスする事、というのが現代の妊婦さんにはとても難しい事なのではないかなと思いました。



宮川先生は「バカになる事」とおっしゃっていました。インターネットやTVからの情報を遮断もしくは減らし、考えすぎず、早寝早起き、散歩をする、これが一番!と。



バカになるとは極端ですが、一番おっしゃりたかったのが自然のリズムに従って日常を送り、便利になって動く事が減ってしまった現代に、昔の人のように身体を難しくても意識して歩くなどの運動、そして外へ出て景色を見て気持ちを落ち着かせる事の大切さなのかな、と思いました。



自然光を浴びて体内のリズムを整える事の大切さにも触れていらっしゃいましたが、こうして聞いていると、今都会で仕事をもって妊娠期を迎えた方にはこの生活がとても難しいのだという事に気付かされました。


また、先生のお話ではリラックスの仕方がわからない方も沢山いて、そのためにもアロマセラピーを学ばれたとの事でしたが、ボディワークをしていると、それは女性に限らず多くの方にみられる事だなぁと思いました。

 

一生懸命頑張って、努力して何かをするのと、楽しんで何かをするのとでは大きな差が出る、とおっしゃっていましたが、それは本当にその通りだと思います。

 

そしてリラックスをすることも自然のリズムで暮らす事も、今の自分を知ってこそ出来る事であり、身体のケアをするにも自分の身体がいまどのような状態なのかを知る事から始まるのだと思います。

 

宮川先生がおっしゃるには、そうして精神的にも肉体的にもリラックスして良い状態にあると、出産は驚くほど楽なものなのだそうです。



先生はご自身の体験や見てきたいろいろなクライアントのお話を通して、出産を楽しむように、怖いものではないのだと励ましてくださっているような感じがしました。

 

データやスライドがない中でも会場の皆さんが熱心に聞いていらしたのが、とても印象的でした。



権威である前に女性として先輩のお話を聞いているという気持ちだったのかもしれませんね。

先生のお人柄がよくあらわされた大変面白い講演でした。

 



桑田文子さん

 英国IFPA 認定アロマセラピスト
米国カリフォルニア州エサレンマッサージ&ボディワーク協会(EMBA)認定
 エサレンマッサージ・プラクティショナー
 マスタークラス110時間修了
米国LaStone Therapy認定セラピスト
西国IR認定コスモフェイシャル・セラピスト
西国IR認定コスモリフトセラピスト

西国IR認定ニューロフット・ベーシック、アドバンス筋肉修了
ベトナムViet Y Dao (越医道)認定ディエンチャン・ディプロマコース
 アドバンスコース修了

臼井式レイキヒーラー
Body Relaxation Works」プラクティショナー(指名のみ)
PADMA Healing Arts」プラクティショナー

桑田文子のブログ swim like a dolphin
 http://ameblo.jp/fumi-mulberry

自然療法の国際総合学院 IMSI


米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html
(次回コース、定員まであと少しになりました!)



豪州ナチュロパス「前田アンヌさん」のご講演レポート

 
触れることで世界とつながる 
「TOUCH FOR WORLD International Week」


女性と自然療法フォーラム
IMSIのスタッフからレポートが届いています。

まずは、一番最初に届いたレポートからご紹介します。

冨野玲子先生で、

前田アンヌ先生講演レポート  

です!


アンヌ先生と初めて出逢った時の事、今でも忘れません。

 

場所は、自然療法とは全く関係のないセミナー会場。「シアバターを輸入している人」と紹介されていたので、最初は、「商社の方かな・・・?」と思っていました。

 

「でも、何か気になる・・・、あの立ち振る舞い、あの雰囲気・・・」

「きっと、この人、セラピストに違いない!」

 


セミナー終了後、ビジネスマン達が名刺交換している中、さっさと帰ろうとしている彼女をめがけて猛突進し、やっとのことで「あのぅ・・・」と声をかけました。にっこり笑って差し出された名刺には「Naturopath」と書いてあったのです。

 


それから、彼女の国内のナチュロパシーセミナーに参加し、勝手に“師”と仰がせて頂きつつ、プライベートでは、食事に行ったり、映画に行ったりと、大変仲良くさせて頂いています。

 


そして、2010年のIFPAカンファレンスに引き続き、今回のT4W実行委員会主催「女性と自然療法フォーラム」にて、日本のセラピストの皆様にアンヌ先生をご紹介することができて、大変嬉しく思っています!

 


ンヌ先生のアプローチは、綿密な考察と科学的データ、そして深い解剖生理学の知識に基づいているのですが、その背景には、揺るぎ無い「哲学」があります。アンヌ先生は、「科学」と「哲学」のバランスが、最高の人なのです。「科学」だけの世界だと、身体は健康であっても、必ずしも心が幸せであるとは限りません。クライアントに「健康」だけでなく「幸せ」もセットで提供できる人、これが、私達セラピストが目指す道なのではないでしょうか。

 


フォーラムでのアンヌ先生の講演、アンヌ節が炸裂しすぎて、これからクライマックスという時に、まさかの時間切れに () ! でも、来場の皆様にお渡ししたハンドアウトには、ちゃんとアンヌ先生が伝えたいメッセージが載っていますので、ご覧下さいね。

 


残念ながら、今回来場できなかった方のために、パワーポイントの最後1ページをご紹介します。

 


心の毒をためない思考

 


「無理して頑張らない」

「“いい人”でなく、“幸せな人”に」

「前進しようとする時に恐れるもの。恐れは必ずしもネガティブではない」

「感情はためこまず、上手に放出する」

「自分の使命に沿って生きる」

 

 


今回のフォーラムで、益々アンヌ先生の虜になってしまいました! オーストラリアで着々と臨床経験を積まれているアンヌ先生を、またいつの日か皆様にご紹介できること、楽しみにしています!




英国IFPA認定アロマセラピスト・プリンシパルテューター
英国AoR認定リフレクソロジスト
西国IR認定フェイシャルリフレクソロジスト・インストラクター
ベトナムViet Y Dao (越医道)認定ディエンチャン・インストラクター
西国IR認定コスモフェイシャルセラピスト
西国IR認定コスモリフトセラピスト
西国IR認定コスモアイセラピスト
西国IR認定コロンリンク修了
西国IR認定ニューロフット・ベーシック修了
米国カリフォルニア州エサレンマッサージ&ボディワーク協会(EMBA)認定
 エサレンマッサージ・プラクティショナー
 
インドネシア・バリ州教育文化局・観光局公認校 SekolahAroma 
  マンディルルール、クリームバスディプロマ取得
タイ王国Doi Num Sub Herbal Compress School 認定ハーブセラピスト
ベトナムDien Chan&VINA MASSAGEコース修了
英国Clare Maxwell-Hudson Schoolインディアンヘッドマッサージコース修了
臼井式レイキヒーラー
鍼灸師

冨野玲子のブログとみろぐ
http://imsiblog.cocolog-nifty.com/



自然療法の国際総合学院 IMSI


米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html
(次回コース、定員まであと少しになりました!)



「女性と自然療法フォーラム」写真レポート、午後~懇親会の様子

  触れることで世界とつながる 
「TOUCH FOR WORLD International Week」



12月1日〜9日まで行われた本年度のイベント
12月2日に行われた「女性と自然療法フォーラム」

今日は、午後の部を写真でレポートします。



午後の一番は、らべるびぃ予防医学研究所の福地かつ美先生のご講演。
「毛髪ミネラル検査からみる女性と子供の健康」です。





福地先生には1日~3日まで大変お世話になりました。
フォーラムだけでなくて、セミナー準備の際のサポートを。

マザーアースの前田アンヌ先生とも、たくさん会話をされていました!
栄養学に関して全体的な見方、考え方をする点で、
共通する思想があり、処方する国は違えども、お互いに親近感を
もち、お話がつきない様子でした!

・・・・
さて、午後2番目のプログラムは

NPO法人日本メディカルハーブ協会、学術委員の村上志緒先生。
テーマは「健やかな毎日に活かす日本のハーブと精油」。







日本の植物に五感を通じて心を動かされた方も多いのでは。



セミナー終了後も、キラ先生、メラニー先生も大変ご興味をお持ちでした!

キラ先生は、「アストロロジーにワークに活用したい!」とお話しされ、村上先生の著書
「日本のハーブ辞典」を先生から、オーストラリアにお持ち帰りになりました。

 続いてのプログラムは、マザースオフィス「アロマテラピーの学校」宮川明子先生
タイトルは「女性のからだ自然塾」



講演前に先生と、その場打ち合わせ。

「少し体を動かしましょうか?」という先生の言葉で、内容をクイック相談。





頭部や腰、肩甲骨などバランスについて実技と共に説明がありました。





そしてフォーラム最後のご講演は



豪州ナチュロパスでアストロロジスト、キラ・サザランド先生。
タイトルは「占星学とバッチフラワー」





フラワーエッセンスを用いたケアをご案内頂きました。

そして。閉会。

タッチフォーワールドらしく、
参加者同士で握手して終わりました!





受付では修了書が並べられています。



退場後、懇親会に参加される方はお食事とお飲み物が。



オーストラリアのワインと共に。



お食事を。(なんとお食事の写真を取り忘れました!残念!)

交流タイムでは


豪州ナチュロパスのキラ先生、メラニー先生が
宮川先生に質問を。セロトニンの研究の話について聞いていらっしゃいました。



懇親会では、宮川先生に肩をさすってお言葉をかけてもらいました。

5月頃より、このフォーラムについて、先生に、その熱意を話していたこともあって

「よく頑張ったわねー。本当によく頑張ったぁー。素晴らしい会だったわよ」

肩をさすってもらって、(年齢からして、失礼かもしれないけれど)自分のお母さんみたいでした。すべての女性の「マザー」と言われている先生ならでは、ですね。



日本メディカルハーブ協会事務局の堀江さんと、蒸留実演をサポートして下さった亀山さん、
宮川先生、村上先生。

・・・
懇親会、後半で。IMSIスタッフ↓



以下は昨日の写真レポート「午前の部」に登場された先生です。

翌日、セミナーを控え、少し早くお帰りになられた
メラニー先生(中央)



そして、前田アンヌ先生(中央)と昨年の実行委員長、冨野先生



先生方のご講演レポートも今後ご紹介いたしますね!

写真をみながら、先生方との出会い、交流、そしてサポート頂いた時間や経過を思い出しました。

先生方のご講演、来場者様のから頂いたアンケートでは、
本当に多くの方に「とても学びになった」とコメントを頂きました。

スピーカーとしてご協力頂きました先生方には
言葉では表現しきれないような大きな感謝を。

また、最後に身内、ではありますが、
このフォーラムを開催に向けて共に努力を重ね行動したIMSIスタッフ、そして、数々の課題に向き合う中、温かい心でサポートしてくれた家族に感謝したいと思います。

ありがとうございました!

自然療法の国際総合学院 IMSI

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html
(次回コース、定員まであと少しになりました!)


「女性と自然療法フォーラム」写真レポート午前中のご講演

触れることで世界とつながる 
「TOUCH FOR WORLD International Week」


12月1日〜9日まで行われた本年度のイベント
12月2日に行われた実行委員会主催の「女性と自然療法フォーラム」より
写真レポートです。

 〆能蕕里換岷

豪州ナチュロパス、メラニーコーマンさんの
「妊娠・出産・産後のナチュロパシーアプローチ」から。


 


通訳はIMSIスタッフ 富田さん。

続いて、 
◆々觸ナチュロパスの前田アンヌ先生
「オーストラリアのナチュロパシー、症例と考え方、皮膚へのアプローチ」



長めにとったランチタイムは同時に展示、試飲タイムもお楽しみに頂きました。



中でも、アンヌ先生がご持参された、日本では大変珍しい豪州ナチュロパスグッズ
少量の液体を口に含むことで、亜鉛が足りているかわかる「亜鉛テスト」には人だかりが。





加えてアンヌ先生がご用意された植物性プロティンは
大豆フリー、グルテンフリーの高機能食品。

こちらの試飲も。皆様女子ですから、とりあえず、試したいですよね。



マザーアース代表の栗田さん(右)

アンヌさんのご講演の中、ヘルペスの症例で紹介された「シアバター」のテスターをたくさん持ってきて下さいました。



さて、こちらはご存じの方も多いはず。
宮川明子先生です(左)
お隣はスタッフの深須さん。このフォーラムの準備をサポートして頂きました。




先生が世界各地を訪問して得られた貴重なオイルのテスターが並びます。

さて、ランチタイム。
IMSIの生徒さん、IFPAやフェイシャルリフレク、そして最近はブレインジムに参加され、友のようになっているお仲間が私のところに走りよってきました。

「嵯峨先生、大変です。身体がすごいラク、首がぐんぐん回る。信じられない。。。今、宮川先生に施術してもらったんです!」

・・・・
へっ、ここで?!

宮川先生の方に視線を送ると、いつもの、ニッコリとした微笑みが返ってきました。

どうやら、会場内で、宮川先生がクイックバランスをして下さったとのこと。

靴をぬいで、横たわって、ちょこちょこと、身体を整えること数分。

生徒さんは、その変化に大喜びされていましたよ!
「それはよかったね。宮川先生に調整してもらえたなんて!」

・・・・

会場後方では、メディカルハーブ協会さんのコーナーが。







日本のハーブが楽しめるチンキ、バーブ、そしてハーブティと
蒸留過程がみられるマツ精油づくりコーナーと、大変充実。

私は桜が大好きなので、桜のバーム試させて頂きました!





毛髪ミネラルの検査には「脳」をテーマにあてたサプリメントドリンクが試飲できるようになっていました。

私も頂戴しました。メラニー先生ものぞいています。

各先生のご講演のレポートは、後日、スタッフから届く予定です。
このブログでもご紹介していきますね。

続いては午後の部です。


続く、、、
自然療法の国際総合学院 IMSI

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html
(次回コース、定員まであと少しになりました!)

「女性と自然療法フォーラム」写真レポート”饌耄△猟準備~開会宣言

  触れることで世界とつながる 
「TOUCH FOR WORLD International Week」


12月1日〜9日まで行われた本年度のイベント
12月2日に行われた
「女性と自然療法フォーラム」

今日はその舞台裏をご紹介。

12月2日、朝8時過ぎ。

スタッフはお台場のホテル日航東京に集合しました。


前日、フォーラム用に「いざ、走れるけれど、できる限りエレガントに見える靴」を買い、とんかつ屋で、どでかい「カツ」を食べて、気を養った私。

(うん?全然オーガニックでない?? たまにはいいのです。
身体に聞いたら、はっきり「カツ」と答えていたから)

朝の目覚めは大変良かったです。



天気予報では雨マークもあって、気になっていましたが、
幸運!!!晴れました。



会場からはレインボーブリッジも見え、
とにかく、皆様の手元、足元がラクに!気分が明るくなってほしいと
来場するまでは、晴れていて欲しいと思っていたのですが
その通りになって、お天気に感謝、感謝!



さて、会場に入って、スタッフは役割分担通りにキビキビと動きます。
最初に段ボールをあけることからスタート。



昨年の実行委員長、冨野さんとPC関係の桑田さんが、スクリーンのチェックを。



あっという間に、IMSIの事務局、根本さん率いる受け付けチームが
エコバックを椅子の上に。



オーストラリアの展示は小松さん、村上さんが。





ナチュロパスグッズを並べています。



フリードリンクコーナーには、豪州のオーガニックハーブティを。





名札を並べて、受付スタンバイをするIMSIスタッフ根本さん(右)房村さん(中央)
増田さん(左)

そして会場には、スピーカーの先生方をサポートするスタッフの方お見えになりました。

黙々と準備をされています。



マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」さん



北海道から参加してくださった 「レモンマートル専門店、クルッティ」さん。



↑↓ NPO法人日本メディカルハーブ協会さん





毛髪ミネラル検査を行う、ら・べるびぃ予防医学研究所さん

皆様、展示の準備が進みます。

そして、私は音響、照明チェックやオーストラリアの展示コーナーの内容などを担当者と確認。



ははは。300人規模の講演や授業はあっても、大きなフォーラムで司会進行などしたことのない私は、

このほら、この通り、あんちょこ。

メモだらけのノート。

大きな違いは、進行の時間管理と
他者紹介をするわけなので、自分がする講演と、違うわけです。

これしか時間なかったら、ここは確認。
アドリブになったら、これから優先に話すという風に書いています。

(実際は、本当に時間通りには進まないのはわかっていたけれど、このように何度も頭に絵がいたり、紙に書いたことで、当日、肝がすわるものですね。ははは、と笑いながら、ぐんぐん進めてしまいましたよ!!)



みなさも着席され、いよいよ開会です。





開会挨拶と共に紹介した「セラピストからみたオーストラリア」
8分くらいだったので、かなり体育会系、特急紹介になってしまったけれど、

「ははは、嵯峨さん、一生懸命頑張っているな」という
完璧でないところが、ちょうどよい幕開けになったかもしれません。

この後のスピーカーの引き立て役になりますしね(笑)

さて、続きは、トップバッターのメラニーコーマン先生です。

続く、、、

自然療法の国際総合学院 IMSI

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html
(次回コース、定員まであと少しになりました!)





スポーツと自然療法、セミナー報告

  触れることで世界とつながる 
「TOUCH FOR WORLD International Week」


12月1日〜9日まで行われた本年度のイベント
実行委員会主催の国際セミナー

12月1日(土)に行われたキラ・サザランド氏の
「スポーツと自然療法」

セミナー後のアンケートや、フェイスブックのメッセージやメール、または直接お声をおかけ頂いた方も含めて、たくさんの「声」を頂きました。

昨日のメラニーコーマン先生のセミナーに引き続き
キラ先生のセミナーに参加された方の「声」をまとめました。




「参加者の声」

● 「栄養学は初めて、新しいことばかりで、とても興味深かったです。わかりやすく楽しいセミナーで今後もっと勉強してみたいと思いました。特に女性は男性と違いホルモンバランスが変化するので女性向けの内容も、とても、ためになりました」

●「自分はアスリートではないのですが、夫が野球などスポーツをするので、アドバイスができるのではと思いました。体を鍛えたり、ひきしめたり、エネルギーの取り入れ方で役立つ情報でした」

●「スポーツはエネルギーを消費するので食事の管理は大変だと思うのですが、体調をくずしても自然療法からのアプローチがあると知りました。周りの人たちに教えてあげたいです!ありがとうございました」

●「長時間、たくさんのことを教えて頂いてありがとうございました。ダンスや演劇をする人にサポートできたらいいなと思っています。キラ先生のようにスポーツ栄養、ナチュロパシー、アストロロジーと総合的に、かつ現代の医療も否定せず、バランスの良い考え方ができるようになりたいと思いました」

●「アスリートにターゲットを絞ったお話がきけて、とても勉強になりました。なかなか、アロマやハーブを男性アスリートにお勧めすることが難しかったのですが、もっと自信をもっておすすめしていきたいと思います」

●「運動後4:1の栄養摂取のお話は新鮮でした。無月経の人の炭水化物摂取不足の話など、スポーツ栄養学については知識がなかったので、かなり感動しています。ケーススタディ、ハーブチンキの話も、なるほど、と感じ、スポーツ、アスリートへの自然療法にも深く興味を持ちました。実りある1日でした」

●「ネット検索で偶然みつけて参加しました。基礎から実例紹介まで詳細と、その根拠を丁寧に説明してくださってわかりやすかったです。長時間の講義、ありがとうございました」  

●「運動後の栄養の取り方について、あまり考えずにいましたが、キラ先生の講義で大切であることがわかりました。次回のレースで試したいです」

●「各栄養素について、特にマグネシウム、カルシウムの必要性について理解しました。改めて正しい知識を得ることができました」

●「家族や友人など周囲の人は運動をかなり激しくしているが、健康的な感じではありませんでした。栄養の取り方で改善できるかもしれないと希望が持てました。心と身体にもつながるので、頭で食べずに、感覚を研ぎ澄ませて食べることも大切だと思いました」

●「ストレス社会の中コルチゾールの分泌をいかに抑えるかが問題になっています。スポーツのストレスによりコルチゾールの分泌が促進され、それが栄養により予防できることがわかりました。また、アスリートが行う炭水化物とタンパク質の理想的摂取割合は、一般のストレス社会にも応用できる期待ができ、勉強になりました」

●「月経周期とインスリンの関与は新しい情報でした。無月経を引き起こす危険因子に、栄養が関与など、ホルモンへの影響や数値化した具体的な内容は、すぐに実践できるので勉強になりました!」 

(コメントやアンケートから抜粋。匿名でWEB記載許可認可済み)



上記は、細胞の中のミトコンドリアとエネルギー代謝について解説するキラ先生。

参加された方のご質問はアスリートについてだけでなく、食生活全般にも。

グルテンフリーの話や
ココナツオイルの代謝についての解説も。

スポーツの話?
それとも一般的に?
なんていう確認もしながら、その両方のケースで丁寧に解説してくださいました。

・・・・
MY 感想。

「毎日の食事が大切だな、、、」
「これなら、簡単に取り入れられかな?」
「ハーブってこんな力があるのか?」

という気持ちになった方も多かったのでは。

私自身はというと、大学時代に体重管理がうまくいかず、選手生活は、うそみたいに棒に振った感じ、その時の苦労を思い出しました。

決定的に運動量に対して、栄養摂取量と摂取のタイミングが悪かったことを思い知り、
また、そのストレスがさらにホルモンや免疫系にも影響していた理由が、はっきりとわかりました。あの時は、性格や性質まで変化していたな。心と体はつながっている。。。

もう、あれから20年近く。

当然、今の方が体の調子がいい(笑)
自然療法に感謝しています。

しかしながら、
過去の自分も、かけがえのない「自分」そのものとして、その経験を大切にしたい。

そう感じます。

・・・・

さて、アストロロジストでもあるキラ先生。

アンケートには、先生のメディカルアストロロジーの話も聞きたい!
というコメントもありましたよ!



上の写真は、キラ先生のセミナー終了後、
合流したメラニー先生、通訳の絢子ちゃん、アンヌ先生と。

お昼は、ほとんど食事をとらなかったキラ先生、
夕食も健康的なものだけを食べていました。

脱帽!

メラニー先生ともに、ビールも飲んでいませんでしたよ。
お水だけ。なので、私もお茶だけ(笑)。

自然療法の国際総合学院 IMSI

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html
(次回コース、定員まであと少しになりました!)

自然療法による懐妊マネジメントと不妊治療へのサポート

 触れることで世界とつながる 
「TOUCH FOR WORLD International Week」


12月1日〜9日まで行われた本年度のイベント
実行委員会主催の国際セミナー

12月3日(月)に行われた

「自然療法による懐妊マネジメントと不妊治療へのサポート」
の様子です。



不妊治療のサポートや妊娠しやすい体作りについて

4つの項目について解説するメラニー先生



何百人というオーディエンスを前に講義をすることもあるメラニー先生。

今回のような30人〜40人規模のグループで親密に指導するのは、
ゆっくり話ができて、特にお気に入りなのだそうです。

メラニー先生は、グループごとのディスカッションの時間も作ります。



「受精のための栄養学」のひとコマから。



精子や卵子が受精して受精卵から着床、胎芽になるまでの期間、
年齢が若い場合は自然に抗酸化の環境が整うが、老化している場合は、抗酸化の環境が整いにくい、自然なアプローチで行いたいというケースでは、栄養を見直すことが非常に大切!

そう話しながら、セミナーは進みます。

後半はハーブについてお話がありました。

● どのようなハーブがよいのか?
● どのような割合で使うのか?
● 注意点は?
などなど。

セミナーに参加された方は

ご自身が自然なスタイルで妊娠を考えている方
鍼灸師
助産師
管理栄養士
ナース
アロマセラピスト
リフレクソロジスト
などのミックスでした。

セミナー後のアンケートや、フェイスブックのメッセージやメール、または直接お声をおかけ頂いた方も含めて、たくさんの「声」を頂きました。

「参加者の声」

●「大変盛りだくさんの内容で勉強になりました。女性・男性の体は精密、繊細と思いました。目からうろこ、自分にも、周りにもたくさんの人に教えてあげたいと思いました」

●「患者さんに、そのままお話しできるような内容が聞けて良かったです。参加できてうれしかったです」

●「日本でハーブを使用していくためにはデータが必要だと思いました。お客様にも、お医者様に対しても」

●「産婦人科関係の病院でのケアに役立てようと参加。豪州ナチュロパスのようなホリスティックケアがもっと日本でも普及していくようになると良いと思います。サプリメントについては日本でも安全なモノが欲しいです!」

●「自然療法と懐妊、妊娠のベーシックな関連性と日本での現実的な実践方法まで教えて頂き、本当に勉強になりました」

●「食生活など改めてハッとさせられました。いろいろな情報が飛び交う現代では何を信じればよいか迷うことも多く、特に不妊に関しては、どうして学生時代に学校などで教えないのだろう、、、というくらい、女性や男性にも知識がない人が多いので、本当にためになりました」

●「妊娠前の準備期間が特に重要であることに気づきました。自身だけでなく、友人やトリートメントをする方にも情報をシェアできる内容でした」

●「妊娠期だけでなく、日ごろからの身体のケアをもっと、自分を含め、患者様にも伝えて行きたいと思います。知りたいと思っていたことが聞けました!」

●「今まで待ち望んでいた講座内容でした。オーストラリアのナチュロパスに興味を深く持ちました。」

(コメントやアンケートから抜粋。匿名でWEB記載許可認可済み)

・・・

メラニーさんの大ファンになった方は多く、
セミナー終了後に質問の列が。。

先生はお休みする間もなく、おひとりおひとりの声に耳を傾けていらっしゃいました。

これは私が春に豪州を訪れた際に見た光景と一緒。

いつでも、どこでも変わりのないメラニー先生の姿、感銘を受けました。

・・・・
最後にとった写真。

メラニー先生を囲んで、IMSIスタッフと。




そして、アンヌ先生。
今回のセミナー開催にあたって、昨年から1年がかりで私と共に活動をして下さった恩人!

「豪州では自然懐妊を行うナチュロパスが活躍している」と、現地の声を集めてリサーチ、専門家のメラニー先生をご紹介して下さったシドニーで活躍するナチュロパスです。

また、前日のフォーラムでスピーカーをつとめられた「国内随一!微量ミネラルに詳しい、らべるびぃ予防医学研究所の管理栄養士」福地先生(アンヌ先生左横)。

福地先生にはメラニー先生がセミナー準備をする際に、日本におけるデータ、統計情報を提供下さいました。

皆様に「大変役に立った」とお声を頂いたセミナーも

本当に、いろいろな方にサポート頂いたのだな、という実感と

そして、ここまで一緒に活動してくれたIMSIスタッフに感謝!
皆様、ありがとうございました。

「これからも女性のための自然療法セミナーしてください!」と
リクエストがありましたので、この素晴らしいご縁と出会いを生かして
今後につなげていく努力をしていきます!


自然療法の国際総合学院 IMSI

米国キネシオロジー財団認定ブレインジムコース↓
http://www.imsi.co.jp/course/bw/braingym_course.html
(次回コース、定員まであと少しになりました!)


| 1/9PAGES | >>